2017年冬アニメ完走作品感想

 もう今期アニメが終わろうとしてるんですが。

 

f:id:wind182:20170620223145p:plain

 

■AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION-

 思わぬダークホース。脱がす必要があるのかとかそういう野暮な事を言いたくなる気持ちが無いかといえば嘘になるでしょう。しかし、この作品の本質は正直そういったところにあるのではなく、タモツ達がハマっていくオタク趣味や、彼らの舞台たる秋葉原にあります。

 AKIBA'S TRIPというタイトルはSTRIP(ストリップ)と掛けているわけですが、ことアニメ版に関していえば、比重があるのはむしろTRIPの側であり、まさにアキバ的なモノをトリップしていく作品なわけです。見やすい一話完結の中で、アイドルや格ゲー、カードゲームといったような見知ったものからアマチュア無線、はたまたブラックバイトまで取り扱う多芸ぶり。アキバのフード巡りも見逃せません。

 あとOPからも伺えるのですが、アニメーションとして非常にいい動きをしているのでそこも見所です。

 

セイレン

 またまた個人的ダークホース。『アマガミ』の系列らしいのですがそもそもそれを見ていないのでどんなアニメか見当もつかなかったんですが、まさかこんな高次元変態アニメだとは思わず……。

 キャラの言動、行動、思考がまったくもって予想のつかない方向に行くんだけどそれが非常に心地よく、魅力に繋がっているのがすごいところです。ホンモノのヤバさが確かにありました。

 

この素晴らしい世界に祝福を!2

 新キャラのゆんゆんが可愛かったんですがあまり出番がなく残念。

この2期で一番輝いていたのはやはりダクネスでしょう。オールラウンダーとしての才能を開花させ、前半は思う存分暴れまわってくれました。

 しかし作品全体としましては1期ほど面白かったとはいいがたく、特に終盤でのアクシズ教の件はかなり作品の足を引っ張っていたように感じました(押しつけがましい宗教を見るとなんでこう心が冷えるのでしょうか)。

 

小林さんちのメイドラゴン

 京アニ作品。ユーフォニアムの後続でこうした毛色の違う作品を繰り出すところにはチャレンジ精神を感じます。いい意味で安心しながら(けして目を惹き付けるところがなかった、というわけでなく)見ることができました。

 

アイドル事変

 序盤の勢いはそれこそダークホースだったんですが、なんとも頓珍漢な感じになってしまいました。板垣退助伊藤博文大隈重信がアイドルを推すアニメは初めて見ました。

 

昭和元禄落語心中 -助六再び篇-

 一年前から約束された傑作。相変わらず落語もドラマも魅せるところばかりでした。2期なので1期にあったような目新しさこそないでしょうが、むしろ精錬されたようなクオリティには安心感すら覚えます。もちろんそれが停滞であったりマンネリを呼ぶことはなく終始ヒリヒリするような緊張感を保ちつつ最後まで駆け抜けてくれました。

 

One Room

 あにとれみたいな主観アニメ。基本的にはあちらの方が優れていたと思います。

 

■ちょぼらうにょぽみ劇場第三幕 あいまいみー~Surgical Friends~

 いつもの。

 ちょぼらうにょぽみ先生でいえばほぼ同時期に『弱酸性ミリオンアーサー』が終わったのが寂しいです。

 

けものフレンズ

 『てさぐれ!部活もの』大好きマンとしてヤオヨロズ制作というので視聴対象にはなっていました……が、まさか『このすば』や『落語心中』等の本命作品を押しのけてスターダムの座へ上りつめることになるとはさすがに想定していませんでした。これだからアニメってのはわからないんですよね。

 内容はどうかといえばもう間違いなく名作です。もちろん第一話は非常に掴みが悪かったように思います(上記の視聴理由が無ければ自分も間違いなくそれ以降見ていませんでした)(しかし加えて言えばこれはけして出来の悪さに起因するというわけではなく)が、魅力的なキャラやそれらが抱える悩みの解決、その中で培われるサーバルとかばんの信頼関係、知恵の使い方。通してみれば異色の作品でありながら流れ自体は1クールアニメの一つのお手本とも言える仕上がりになっています。

 多分たくさんの人が語っているのでこれ以上いろいろ言ってもしょうがないんですが、最終的にネットを巻き込み作品の素質以上の成果を出したことで、それこそまどマギガルパンといったような現在進行形、そして後続の作品に対して非常に影響力のある作品になったんじゃないかと感じました。

 

リトルウィッチアカデミア

 現在進行形2クールアニメ。

 今のところスーシー回がヤバかったです。