2016年夏アニメ完走作品感想

NEW GAME!

 圧倒的美少女動物園。頑張るぞい、という有名フレーズだけは知っている原作未読者でして、ヘタすればそれに頼った安直なアニメになるのではと危惧していましたが全くの杞憂でした。最初から最後まで今季屈指の安定感を見せつけてくれ、ねねっち加入以後は特に他の登場人物同士での関係が増え、可愛らしさに磨きがかかっていきました。可愛さに加えて明るい作品でもあるので軽く見ることができるのも好感が持てました。

 

この美術部には問題がある!

 宇佐美さんの可愛さ特盛という感じの作品。安定感という意味でしたらこちらも負けず劣らずという強さを見せてくれましたが、直近で似た作品の「月刊少女野崎くん」がどうしても脳裏によぎり、あと一歩、物足りないという印象が強まってしまいました。宇佐美さんに比べて、他のキャラ、特に内巻くんが魅力に欠けていたというのもマイナスに思いました。あとOPはやっぱり合ってないかと……。

 

魔法少女?なりあ☆がーるず

 ダテコー監督による生アニメの二作目。ダテコー監督の作品のキャラの中でも一番モデリングが可愛くなっていて素晴らしい。いなほの眼鏡がマジ可愛かったのでみんなに見てほしいです。中の人に合わせて動いたり変な行動をしたり摩訶不思議なことを喋るキャラクターを見ているだけでも楽しい。作品を通しての中の人たちの関係性の変化や成長もまた見所です。

 

アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 2nd

 分割2クールの後半。1クール目以上に好き勝手に、そしてアクロバティックに話は進みますが、1クール目という土台があるためにどことなく安定感もあるという2クール目の利点が思いがけず働いていたように感じました。ただOPが曲こそ1クールに負けていませんが映像面で曲に追い付いていないような印象を受けました。ある意味未完成版のほうが好み。また、新キャラ達があまり活躍できていないのも気になりました。とはいえ総じて面白く、楽しんだ作品ですので3rdには期待したいところです。

 

Re:ゼロから始める異世界生活

 継続2クールの後半。全般的に面白く最近のラノベアニメの中ではアニメ化に恵まれた作品だと思います。どうしても引っ掛かるのはエミリアの扱い。現在継続中の作品ということもあるのでしょうがない面もあります。ただこの作品は各登場人物の描かれるスパンや合間がかなり不均等であって、さらにそのことをどうにかしようとも考えていないようなので少なくともアニメ内だけでは登場しただけ、というようなキャラが多く見られます。多くのキャラがこの影響を受けていますがメインヒロインであるエミリアがその影響下に有り続けたのはかなり痛手だったんじゃないかなあとか思ってみたり。あとレムよりはラムのほうが好きです。

 

クロムクロ

 P.A.WORKSのオリジナルアニメとしては意欲作という位置付けにしておくのが妥当そうです。ストーリー面はロボットアニメとしてはあまりに盛り上がりに欠けているように見えましたし、緊張感が保てられていないのはもはや意図的なのではとも思えます。個人的に言葉を選ばなければTARI TARIに見られたような能天気さをシリアスなロボットアニメに組み込むことで何か新しい枠組みのロボットアニメを作りたかったのかなぁとは考えています(成功したかはともかく)。とはいえロボットの戦闘シーンなどから、それなりにロボットアニメをこなせるところが見れましたので、これが布石になりP.A.WORKSの新たな最初の一歩になればと思います。